子どももよろこぶ、暮らして便利な岡崎市

公開日:2019.04.01     暮らし
岡崎市には買い物スポットがたくさんあり、便利なスーパーマーケットやショッピングセンターが市内全域に広がっています。
大型商業施設もあり「名古屋に行けないときは岡崎で買い物を」という選択も可能。
昔ながらの商店も健在で、毎月2と7の付く日に開催される朝市「二七市」などを利用しても買い物を楽しめます。

買い物スポットだけではなく、子どもと一緒に遊べる公園もたくさんあります。
リニューアルした公園や新しい遊具、動物園や遊園地もあるので子どもたちは退屈知らず。
車や電車でのアクセスも良いので、特に週末の岡崎は多くの人で賑わっています。

OTO RIVERSIDE TERRACE(オトリバーサイドテラス)

OTO RIVERSIDE TERRACE(オトリバーサイドテラス)は2019年11月にグランドオープンした商業施設。
飲食店や保育園、フィットネスジムなどの店舗がそろっています。
名鉄東岡崎駅に直結しており、電車でも、車でもアクセス抜群です。
駅と施設をつなぐペデストリアンデッキには日本最大級9.5mの徳川家康公像が設置され、岡崎の新たなシンボルとなっています。

道の駅藤川宿

国道1号線沿いに位置し、車でのアクセスが良い藤川宿。
藤川駅にも近く、電車でも気軽に行くことができます。
施設内には産直コーナー、軽食コーナー、特産品や観光スポットを紹介しているきらり岡崎コーナーなど、市内外を問わず多くのかたに人気のコーナーが盛りだくさん。
また、地域の特産品であるむらさき麦を使用したオリジナルメニューや商品も用意されています。

籠田公園

令和元年7月にリニューアルオープンした籠田公園。
公園内には遊具や噴水など子どもの遊び場が充実しているほか、ステージや屋根のある休憩所など様々な設備があります。
緑も多く、ゆったり過ごせる空間で、子供が遊んでいるのを見守りながら大人はのんびり過ごせます。
ステージを利用したイベントも多数行われており、「岡崎の顔」となる公園として、多くの人で賑わっています。