八丁味噌グルメにオカザえもんスイーツまで!人気の「岡崎市のお土産」、あなたはどれにする?

公開日:2019.12.20     おでかけ
徳川家康公の生誕地であり、美しい桜や花火などが見られる観光地としても人気が高い岡崎市。今回ご紹介するのは、そんな岡崎市の“お土産”です。岡崎市を訪れた人にとってはもちろん、岡崎市から故郷に帰省する人にとっても気になるところですよね。

定番の品から新商品、売れ筋のお土産まで、岡崎市にはバリエーション豊富なお土産があるんですよ。さっそく見てみましょう!

まずは定番のお土産たち!

岡崎市といえば“八丁味噌”。徳川家康公の健康と長寿を支えたともいわれる歴史ある食材です。創業当時から受け継ぐ伝統製法で造られた濃厚なコクが特徴の八丁味噌は、定番のお土産として親しまれています。
そんな八丁味噌を使ったおすすめのお土産をいくつかご紹介します。
・SABLE33(サブレミカワ) (税別 1箱680円 3箱入りBOX2,300円)
岡崎市発祥の人気カフェ「ZARAME(ザラメ)」が開発した注目のサブレ。
パッケージがおしゃれで、ナチュラル・抹茶・豆味噌の3種類のフレーバーが楽しめます。豆味噌を試食してみると、和の味噌と洋のサブレが絶妙にマッチ! さくほろ食感で、ふんわりと味噌の香りが広がりました。

・オカザえもん「八丁味噌」ラーメン&オカザえもん味噌煮込みうどん(税別 各250円)
見た目にインパクトのある人気商品! スープに八丁味噌、麺には岡崎産の小麦が使われています。一人暮らしの友人などにも喜ばれるのではないでしょうか。

・岡崎ぎゅーっと肉味噌(税別550円)
岡崎商業高校がプロデュースした八丁味噌の赤だしを使用した肉味噌。そのままご飯に乗せてもよし、料理の味付けに使ってもよし。さまざまなシーンで重宝する一品です!

「岡崎公園 観光みやげ店『おかざき屋』」の売れ筋お土産

岡崎市のお土産が幅広く取り揃えられているのが、一大観光スポット『岡崎公園』内にある観光みやげ店『おかざき屋』。

中に入ると“オカザえもん”に“内藤ルネ”、家康公と徳川四天王をかわいくデフォルメした観光キャラクター“イエヤスコウとシテンニョーシカ”コーナーに、店舗オリジナルゾーンと数多くのお土産が並んでいます。季節やその時の流行などによりかわりますが、取材に伺った際の売れ筋の商品を聞くと…
・古代 葵餅(税別340円)
「おかざき屋」で今、人気No.1。岡崎市で名高い“備前屋”の商品で、和糖蜜を包んだお餅一つ一つに、三つ葉葵の御紋の形の跡もついていて、岡崎市のお土産としてピッタリです。お手頃価格なので、帰省時のご近所さんへのちょっとした手土産としても人気。

・オカザえもん どら焼き(税別167円)
岡崎公園近くに店舗を構える“和泉屋”から毎日仕入れており、1日で50個が完売してしまうこともある人気商品。こんなにおいしい白小豆のどら焼きはなかなかない!という「おかざき屋」イチオシのお土産です。
・岡崎市マンホールシリーズ マグネット(税別320円)
歴史好きなかたが訪れることが多い岡崎市で人気のお土産。他にもお客様の声をもとに店舗発案で商品化された扇子や提灯、印籠などのオリジナル商品もよく売れていて、特にお子さんたちには、竹のしおりの岡崎城限定バージョンが人気。

さまざまなバリエーションのお土産が売れているんですね。

最新お土産情報!『岡崎プレミアムみやげ品』

お土産に力を入れている岡崎市。岡崎市役所観光推進課 家康公係 十一 (とかず)さんにお話をお伺いいたしました。

実は『岡崎観光お土産品づくり推進プロジェクト』なる試みも行っていることをご存知でしたか?
「岡崎に来たら誰もが買っていくお土産」づくりを目指すプロジェクトで、岡崎市に関わりのある商店や企業が独自に開発した商品が、厳正な審査によって認定されます。審査員は地域ブランドプランナーやグルメ系インスタグラマー、お土産物店店長まで様々なかたがいらっしゃいます。
評価の基準は、「岡崎市との関連性や、思い・こだわりといったストーリーがあるか」「デザインや価格が、特にターゲット層である30代〜40代の女性にウケるか」「おいしくてカワイイ商品であるか」など。

そして今秋、このプロジェクトの第2弾として、昨年度の7品に加え5品が新たに認証されました! 認証された商品は、『岡崎プレミアムみやげ品』として、市内土産品売り場で販売されます。
・家康公が愛したうどん(予定価格 税別450円)※12月下旬発売予定
徳川家康公が作らせたといわれるうどんを再現。徳川家康公の生誕地・岡崎市で再現されたというストーリー性やパッケージも評価が高かった自信作!

・玄米入り味噌せんべい(税別600円)
甘い物は苦手という人に贈りたいお土産。特製みそだれにつけ、おにぎり型に焼き上げた、味噌本来の美味しさを味わえるせんべいです。
・焼肉屋さんの黒カレー(税別500円)
岡崎市にある焼肉店『けんたま家』とのコラボ商品。八丁味噌との相性抜群の大人スパイシーなカレーで、“価格も食べれば納得”とのこと!

・芋やの芋けんぴ(税別500円)
芋けんぴという女性ウケしそうなおやつに、八丁味噌パウダーを絡めた一品。細く仕上げられているので食べやすいのも特徴です。

・ルネデザイン クリーニングクロス(税別850円)
内藤ルネさんの故郷でもある岡崎市。大人気キャラクターのイラストをプリントしたまさにカワイイ!商品です。特殊素材で作られているため汚れも落ちやすく、実用的です。
定番の“八丁味噌”から“岡崎プレミアムみやげ品”に、岡崎市限定の各種お土産まで……お土産選びは楽しいですが、ときには迷ってしまうことも。

岡崎市のお土産を購入される際は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。



※ 記事の情報は公開日時点のものです。
<施設情報>
岡崎公園観光みやげ店 『おかざき屋』
住所:愛知県岡崎市康生町561-1
電話番号:0564-24-4771
営業時間:9:30〜16:30
定休日:年末(12月29日~12月31日)
〇ライター:cafeくろねこ
大手人材広告会社に約10年勤務。その後、子育てとのワークライフバランスを考えフリーランスに。現在、5媒体でグルメ記事を中心に記事を執筆。
また、岡崎市にて女性や親子が集う、30種以上のレッスンとランチを愉しめる「貸しスペース型カフェ」を運営。