岡崎カメラがっこう ローカルフォトツアー参加者募集

「岡崎カメラがっこう」とは

スマートフォンで手軽に写真が撮れて、SNSなどで誰でも発信できる時代。そんな中、「もっとうまく魅力を伝えるためには?」「いろんな人の共感を呼ぶためにはどうしたらいいんだろう?」と思っているかたも少なくないと思います。

単にカメラの技術をあげるだけではなく、カメラを片手に歩きながら、まちの人と出会い、写真を通して人と人とが繋がることでまちの魅力を発見し、発信する力を身につけていく。そんな学びの機会「岡崎カメラがっこう」を今年も開催します。
この機会に岡崎の魅力や、私たちにとって身近な存在となった"写真”について、改めてじっくりと考えてみませんか?

岡崎カメラがっこうのせんせい

「せんせい」としてお招きするのは、岡崎市出身で「小豆島カメラ」でも活動をされている三村ひかりさんと、「ローカルフォト」でまちの魅力を発見、発信する写真家・MOTOKOさんです。

日々の暮らしのシーンを撮影し、地域の魅力を発信する「地域×カメラ」プロジェクト「小豆島カメラ」に携わっているお二人ならではのお話を聞くことができたり、一緒にカメラを持ってまちの撮影に繰り出し、アドバイスを受けることができます。

昨年度の様子

昨年度はたくさんの岡崎の魅力を発見することができました。

【昨年度の参加者の皆さんの声】
・まちの歴史や住んでいる人のあたたかさ、今まで知らなかったまちの魅力を知ることができました。
・まちも人も写真で残すだけではなく発信するって素敵なことですね。
・自分ではなかなか行かない場所や人に出会えたことが面白く、とても良い機会となりました。
・まちの人の表情が見え、まちの物語が聞けたので、写真を撮るのが楽しかったです。
 

今年度の岡崎カメラがっこうの「授業」は「まち編」と「さと編」!

1 まち編
カメラを持ってまちに繰り出し、岡崎の歴史・文化に触れながら撮影を行うことで、岡崎の魅力を再発見します。
【開催日時】2019/11/16(土)10:00〜16:00
【会場】wagamama house (岡崎市八幡町2-30)
【参加費】無料
まち編の昼食は各自ご用意ください。

2 さと編
駒立の農家さんとおいしいごはんを作ったり、冬の農家さんの暮らしを取材します。
【開催日時】2019/12/1(日)10:00〜16:00
※バスで移動するため、9:30に岡崎市役所集合です。
【会場】マルタ園(岡崎市駒立町)
【参加費】1000円(昼食代)
さと編は当日各自マルタ園に昼食代(1000円)をお支払いいただきます。

【参加条件】
・10代~40代のかた
※未成年のかたは保護者のかたの同意を得て応募してください。
・まち編、さと編どちらも参加可能なかた
・まち歩きや人とのコミュニケーションを通じた情報発信に興味のあるかた
・SNSのアカウントを1種類以上お持ちのかた
・昨年度の岡崎カメラがっこうスキルアップ講座に参加していないかた

こんなかたはぜひ参加してください
・岡崎が好きで誰かに伝えたいかた
・岡崎の魅力を知りたいかた
・写真が好きなかた
・写真がうまくなりたいかた
・情報発信スキルをあげたいかた

【定員】
20名程度
応募者が定員を超えた場合は、申込時に入力いただく内容をもとに、選考させていただきます。
※申し込み時に入力いただく、Instagaram のアカウント(お持ちのかたのみ)での投稿内容を確認させていただきます。

お申し込み

こちらのページからリンクする応募フォームからお申し込みください。
「申し込む」ボタンをクリックすると応募フォームが表示されます。

申し込み締め切り:10/20(日)

※応募者が定員を超えた場合は申し込み時に入力いただく内容をもとに、選考させていただきます。
※申し込みに記載された個人情報は本講座の参加者の把握及び当選者発表連絡を目的として使用し、厳重に取り扱うものとします。また、今後開催されるイベント等のご案内をさせていただく場合がございます。
※20歳未満のかたは保護者の同意を得てご応募ください。
※当選者の発表は郵送で行い、また、落選のかたにもご案内をさせていただきます。
※託児室はございません。ご了承ください。
※講座内で写真撮影を行いますのでご了承ください。

お問い合わせ先

【主催】岡崎市総合政策部広報課
tel.0564-23-6600
fax.0564-23-6950